岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

掃除をしよう!定期的にしなければいけない箇所

新築一戸建てというのはいいものです。
何から何まで自分の所有物ということになります。


アパートやマンションなんかでは、共同スペースだったり共同のものや、電気とかガスとかなんやらかんやらとか、よくわからないところは、大家さんだったり、管理人さんだったり、管理会社だったりがメンテナンスしてくれるので、あまり意識しなくて良かったと思います。


でも持家の場合、誰も何もしてくれません^^


定期的に自分達でメンテナンスしていかないといけません。
今まで意識しなかった汚水桝や雨水桝。
これはできれば1ヶ月に1回、蓋をあけて、中の汚物を取り除いた方がいいらしいです。


雨水升や洗面所やお風呂から流れるところは、1ヶ月ぐらいでは綺麗なものだったので、開けて閉じただけだったんですが、キッチンの排水が流れてくるところが結構汚れてました(@_@)


油ものが多い家庭では、汚れるのも早いそうです。
うちはそうでもないんですけど、結構汚れておりました。


ブヨブヨの油の塊のようなものが浮いてます。
スープに浮かぶ溶き玉子のようにも見えます^^


まだそこまでの異臭は放ってはおりませんでしたが、良いものではありません。
お玉のようなものですくって捨てました。


今後も定期的にやらないといけません。
ちょっと憂鬱です^^
でもやらないと酷い汚れになって、取り除くのが大変になりそうだし、配管が詰まったりして面倒なことになりかねません。


他には、いくつかついている24時間換気用の換気扇。
これも簡単に蓋が外れるので、中のフィルターに埃などが付いていたら取り除いてあげないといけません。


1ヶ月ぐらいではまだ綺麗なものでしたが、定期的にチェックしないといけませんね。


それからキッチンの換気扇。
これは各メーカーやグレードによって、分解の仕方が違うと思いますが、基本的に上位グレードのものほど、掃除が楽にできるようになっているように思います。
うちのは下から2番目ぐらいのものなので、そこまで難しくはありませんでしたが、全部外した後にどう付いていたのかわからなくなってしまい、元に戻すのにまあまあ苦戦しました(>_<)


上に向かってやる作業はしんどいです(@_@)
腕がダルくなってしまいました。


ここも油で結構汚れます。
こまめに掃除したほうが、汚れも落ちやすいので、結果的に楽なのかなと思います。


他にも床掃除や窓掃除など、普通の掃除もあります。
床は無垢の床に普通のワックス仕上げしているだけですが、掃除機かクイックルワイパー的なもので簡単に掃除するだけで普通にサラサラです。
窓掃除は高圧洗浄機でもないと、結構厳しそうです。
リビングの掃出し窓以外は、外から手が届きませんし、中からも網戸があるので外側は拭けません。
高圧洗浄機を買おうかな。
それでも2階の窓の外側の掃除は難しそうです。


庭の草むしりも終わりがなく^^
なかなか大変ですけど、楽しみながらやっていけたらと思っています。

家造りで残念だった点ワースト5!

家造りは検討と決定の連続です。
コストの関係で断念せざるを得なかったもの。
検討の末、導入したもの、等、いろんな要素があると思います。


今回は、そんな中でも特に満足度の低かった、残念だったものについてランキング形式で書いてみようと思います(^_^;)



5位.脱衣所の幅木の色


トイレは直してもらいましたが、脱衣所はそのままナチュラルな色が残りました。
床は白い木風のフロアタイルで、壁紙はひし形模様のタイル風のビニールクロスです。
若干壁紙に茶色っぽい色が混じっているのが救いですが、やっぱり幅木は白のほうが似合っていたと思います。
これも脱衣所なので、あんまり気にはなっていないんですけどね。



4位.小屋裏への階段のスイッチの位置



階段の手前の壁に付いています。単独で使う場合には特に問題ないんですが、1Fから上がってきて、1Fと2Fの階段のスイッチは上がって右手側にあります。
2Fから小屋裏への階段のスイッチは、左手の壁を回り込んだ向こう側にあるため、1Fの電気を消してしまうと一瞬真っ暗になってしまいます。
和室の横にもホールのスイッチがあるため、それを使うということもできますが、ちょっとややこしい・・・。

小屋裏に上がる左手側の壁に付けてればよかったかなあ・・・。
いや、そもそもそんな位置にはスイッチ付けれそうにないから仕方なかったかなあ。
そんなに不便でもないし、別にいいかなあ・・・。



3位.トイレの上の棚



1F、2Fそれぞれトイレの上の方に棚を作り付けてもらいましたが、高さがあるため使い方が難しいです。
今のところ何も置いていません^^
別になくても良かったんじゃないかなあ・・・。
あって困るものではないのでいいんですけど^^



2位.リビング横、脱衣室前の照明


脱衣室前から洗面、トイレのあるところは、キッチンの壁もあったりして、結構暗いです。
とはいえ、リビングの照明が付いていれば、普通に歩く程度なら問題ない明るさなため、トイレに行く時にも洗面に行く時にもここの照明は付けなくても大丈夫です。


脱衣室には脱衣室の、洗面台のところには洗面台のブラケットが、トイレにはトイレの照明がそれぞれあるため、ここの照明を付けることがほぼありません(>_<)
安価な照明にしてて良かった^^



1位.小屋裏の窓のすりガラス


特に何も考えずすりガラスにしてしまったけど、クリアな窓にして景色を楽しめたほうがよかったかなあ。
住宅街なので、大した景色でもないんですけど^^

日射はすりガラスの方がちょっと防げるけど・・・。
横滑り出し窓なので、全開にもなりません。
そんなに大したことではありませんが、今は僕の音楽部屋みたいな位置づけになっているので、ちょっと残念だったかなあと思っています(^_^;)



以上です!
と、見たらわかると思いますが、大したことではないですよね^^
今のところ大した残念ポイントは無いということです。
一個ずつ悩んだりしながら決めていったことなので、後悔点はわずかですね。
日々の暮らしに直結するような家の性能だったり、外観だったり、そういう部分で満足しているので特に残念に感じるところが少ないんだと思います。
それから、導入を見送ったものについては、そもそも使ってもいないので、不満に思うこともないです。(食洗機やら浄水器やらジェットバスやら・・・)


元々前の家であったものが無くなってたりしたら残念に感じるかもしれませんが。
コストの関係でランクを落として無理やり導入するぐらいなら、いっそのこと導入しないほうが不満を感じにくいんじゃないかなと思います。

家造りで満足した点ベスト5!

家造りは検討と決定の連続です。
コストの関係で断念せざるを得なかったもの。
検討の末、導入したもの、等、いろんな要素があると思います。


今回は、そんな中でも特に満足度の高かったものについてランキング形式で書いてみようと思います。



5位.柄物の壁紙


無地の壁紙にするのが日本の住宅のスタンダードだと思います。
でも思い切って柄物の壁紙を積極的に採用しました。





毎日目に触れる部分ですが、そのたびにウキウキした気分になります。(ちょっと大げさ)
飽きるとか、インテリアを合わせるのが難しいとか、いろいろマイナスな意見は聞きますが、柄物の壁紙に囲まれて過ごしたことのない人が、思い込みで言っているとしか思えません 笑



自分で選んだ好きな柄の壁紙に囲まれて過ごすというのは、とても満足感が高いです。
その分、選ぶのは悩みますし、質の良い輸入性の壁紙は高価だったりしますし、施工された実物を観るまでは結構不安だったりしますが、やってみて良かったなと思いました。



4位.階段で上がれる小屋裏収納


小屋裏収納があるのと無いのとでは収納量に大きな差が出ますし、ちょっとした隠れ家的な使い方もできます。
階段を付けるとスペースを取られるし、コストも少し上がりますが、我が家は階段を付けてもらうことにしました。
これが無かったら、荷物の出し入れが凄く大変だったと思いますし、小屋裏に上がるの自体が億劫になるのではと思います。
もし小屋裏収納を付ける場合には、階段の設置をお勧めします♪



3位.ウィンターガーデン


ウィンターガーデンの本来の役割は、夏場は庇となって直射日光の侵入を遮り、冬場は太陽熱を蓄熱し、暖房の補助をするというものですが、ほぼ室内空間なので、天候に左右されない洗濯物干し場としてとても重宝しています。
3畳の広さがあるため、余裕で洗濯物を干せます。


夜でも雨でもいつでも気にせずに洗濯物を干せるというのはとても便利です。
お風呂場や洗面脱衣所でもなく、どこかの部屋でもなく、専用の場所なので、洗濯物を干してても、何にも邪魔になりませんし、浴室乾燥機みたいなものを付ける必要もないので、電気代もかかりません。
(干してる時は湿気が篭らないように換気扇は回します)
冬はちょっと乾きが悪くなりがちらしく、その時は扇風機で風を当てれば結構乾くそうです。
なかなかウィンターガーデンというものを作る工務店はないと思いますが、洗濯物を干す専用の室内空間を作ってもらうことはできると思うので、是非おすすめします。外に干すことが全くなくて済むので、庭やベランダなどに物干し場を確保する必要もありません。



2位.電子キー(ポケットKEY)


玄関ドアは電子キーを採用しました。
YKKAPのポケットKEYです。
最近の車のキーのように、ポケットやバッグにキーを入れたまま、手でボタンを押すと鍵の開け閉めができるシステムです。
これはほんとに便利です!
車のキーも同じ原理なので、車も玄関もポケットに鍵を入れたまま開閉ができます。
何かをかざす必要すらありません(かざして開けるようにすることもできます)
あんまりメカにお金かけませんでしたが、これだけは妥協しませんでした。
金額的には、電子キー無しからは約10万円のアップ。
カードをかざして開けるものからは約5万円のアップ。
そんなに大きな増額ではないですけど、毎日のことなので、とても満足度高いです(^^)



1位.高気密高断熱


栄えある第一位は高気密高断熱!という、家の性能そのものでした。



一番僕が重要視していた家の性能の部分、特に断熱性能です。
これは住み心地に直結するので、ほんとに満足しています。
とにかく住み心地が良いです。
暑くもなく、寒くもなく、外の音も気にならず、中からの音も漏れにくく。
少ないエネルギーで家全体を冷暖房できます。


これは実際に体感しないとなかなかわからないことなんですが、簡単に暑くもなく寒くもないとは言うものの、その感覚というのは、今までの冷暖房によって作られた感じとは全く違っています。
夏が秋であるかのような感覚。
冬が春であるかのような感覚です。(冬はまだ未体験ですが)
小屋裏エアコンのシステムも気に入っています。


家の性能を高くするには、それなりにコストもかかりますし、住宅会社も限られてきます。
でもその分、満足度は高いですし、ランニングコストは抑えられます。


以上、満足度高いベスト5でした!
次回は満足度低いワースト5でもしようかなあ・・・。

家造りでの反省点⑥ ~外構を後回しにしない~

うちは家本体に全力投球し過ぎて、外構はほんとに最後の最後になってしまいました。
その結果、全然予算オーバーの見積もりをもらっただけで終了~(^_^)


引っ越し後に改めてボチボチやってますが、ほんとに予算が残ってません^^
もっと建物全体の予算と一緒にして考えたほうが良かったかなあ。
ようやく門柱と表札、ポストと、西隣の境にブロック塀とフェンスは付けてもらいましたが。


花壇とか造ろうにも、全体的な外構プランが決まっていないので、プランターから植え替えもできません。
早いとこどうにかしたいなあ~。


普段生活する分には、あんまり不便はないんですが(車の出入りは、めっちゃ楽 笑)やはりあまりに殺風景だし、目隠しもないのでカーテンも全開にしづらいです。


どっちにしろ予算が足りなくなって、外構分を削ってしまった可能性は高いんですけどね。
それにしてももうちょっと早く動いてればよかったかな。


砂利を敷いているとはいえ、雑草がちらほら伸びて来てます。
地盤が頑丈なので、掘ると石がゴロゴロ!
雑草を掘り起こすだけでもなかなか手間なんです。
もうちょっと考えます。

家造りでの反省点⑤ ~値段をちゃんと聞く~

おおよそ仕様が決定したら、その内容で見積もりをとってもらいます。
その金額で大丈夫であれば、晴れて契約→着工、というのが通常の流れだと思います。


問題はその後で、契約後も細々した仕様変更や、仕分けによる減額だったり、金額は動きます。
途中でいろいろ決定する時に、まあそんなに大きく金額が動く案件でもないし、あんまり金額を確認せずにホイホイ決めたところもあったりします(コンセントとかスイッチとか補強とか)


途中で契約後の増額分ということで、ざっくり見積もりを頂いた時に、思ったより増えていてビックリしました(@_@)
これには先程書いたように金額をあんまり確認せずに増やしてしまったものや、最初の見積もりに含まれていると思い込んでノーマークだったものが足されてたり(小屋裏のクロスやクッションフロアなど)


まあ、なんとかなる範囲だったので良かったし、外せと言われても外したくないものばかりだったので仕方が無いんですが、あんまり心臓には良くないので、しっかり把握して確認しておいた方が良かったなあと思いました。


結果的には、発覚した時にはまだ決めてない照明関係やカーテンなどで、いくらか調整はできましたが、それでも外構予算がかなり少なくなってしまいました(>_<)


予算をカツカツで組んでたりしたらアウトだったなあ~と。
今更ローンを増額もできませんしね~。
そこは反省でした。


家造り終盤になってくると、意外と現金予算が必要になります。
ローンは建ってからじゃないと借りれないので、その前に必要なものは現金とかクレジットカードなどで払わないといけません。


引っ越し代、火災保険、家電、カーテンなどなど・・・。
常にお金の問題は付いて回ります^^
気を付けましょう~(^O^)