岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

リビングイン階段で生活してみて

うちは1階にリビング・キッチン+小上がりの畳エリアが1部屋。
南側に大きな掃出し窓があり、玄関とは引き戸で仕切られています。
リビングから直接階段を上って2階に行く、いわゆる「リビングイン階段」の間取りとなっています。



リビングイン階段を採用する家は、最近多いと思います。
おそらく、採用するかどうか、メリット・デメリットを天秤にかけ、検討すると思いますが、実際に暮らしてみてどうかという感想を書いておこうと思います。


まずはリビングイン階段の一般的によく言われるメリット・デメリットを確認してみましょう。


メリット


・部屋を広く使える。広がりが感じられる。
・リビングを通らないと2階に行けない(2階から玄関に行けない)ため、コミュニケーションが取りやすい。


デメリット


・冷暖房の効きが悪くなる。
・音やにおいが1階・2階に伝わりやすい。
・リビングを通らないと2階に行けない(2階から玄関に行けない)ため、お客さん(子供の友達等)を2階に通す際に必ずリビングを見られる。あまり散らかせないし、だらしない恰好でいられない。



今のところ実感できたメリット


・リビングが広く使える。
・階段からの光が入り、明るい。
・扉の開け閉めがないため、物をもって1・2階を行き来しやすい。


という感じで、当初から思っていた通り、広く使えたり、生活のしやすさという面は実感できています。
うちは東側に階段があるので、朝には階段の窓からたくさん光が入ってきます。
これが思った以上に効果的だったかなと思います。



物をもって移動するのは、主に洗濯の時ですね。
1階で洗濯して2階にに干すので、洗濯物をかかえて上り下りする時に扉が無いのは楽です。
(これは引き戸とかにすれば扉があっても開け放せるので楽だとは思いますが)



今のところ実感できたデメリット


・2階の方が温度が低い場合、冷気が降りてくる。
・1階の音が2階によく聞こえる。2階の音も1階に聞こえる。


音に関してはその通りです。
さらに高気密高断熱住宅の場合は、室内の音が結構響きやすいのも手伝ってると思います。
(外の音が聞こえない分、中の音が目立つというのもあると思います)


でもこれは実はあまり気になっていません。
音が気になる状況というのは、どちらかが先に寝ている時か、上階で僕がギター弾いて歌ってる時のどちらか。
寝室は階段から一番遠いところにあるため、実際はそこまで音はあまり届きません。
気になるようなら部屋の扉を閉めてしまえば、ほぼ聞えなくなります。


ギター弾く時、小屋裏で弾くと、直接階段を伝って1階まで音が届いてしまうんですが、2階の和室で扉を閉めて弾くか、寝室で扉を閉めて弾いてると、あんまり大きな音ではないようです。
夜中や早朝に弾くことはないし、最近そもそもあんまり弾いてないので、あまり気にすることもないです。


逆に、声がよく届くため、簡単に呼び合えるのはメリットと言えるかもしれません^^


気になるのは冷気問題のほうで、これは結構実感しましたね。
まだ寒さのあまり厳しくない12月上旬までは良かったんですが、本格的に寒くなってきてからは、2階からの冷気で、リビングが思ったような暖かさにならずに苦労しました。(温度計上は22~23℃になっているんですが、温度差から発生する気流で体感温度が寒く感じられた)
うちはまだ全館暖房前提で考えていたから、2階の温度を上げて1階と同じぐらいにすることによって気流問題は解決したんですけど、全館暖房を考えていないような性能の家だった場合、リビングが暖かくなりにくくて辛いのではと思います。
冷たい空気は下に留まるので、冷房の場合は問題は起きにくいみたいですけど。
高気密高断熱住宅じゃない場合は、階段とリビングの間に扉を設ける等、冷気対策はしておいたほうがいいと思います。


うちも節約を考えたら、扉を設けて1階だけで冷暖房できるようにしても良かったかもしれません。
全館冷暖房するような季節は良いんですけど、ちょっと中途半端な季節は、リビングだけ冷暖房を付けたり消したりしながら運用できればいいのにって時がありました。
この辺りは冷暖房の運用の仕方、家の断熱・気密性能などによって、どうするか考えたほうがいいのではないかと思います。


うちは子供がいないので、子供ならではのあるあるみたいなのがないです。
うさぎがいるので、冷暖房が必須。
ちょっと子供がいるような家庭とは違うのかもしれませんので、そこはご了承ください(^^)

全館冷暖房のメリット・デメリット

いつでもどこでも均一の温度で快適そのもの。
全館冷暖房は人類の夢です(^◇^)


とは言え、良い事ばかりじゃないと思います。
改めて全館冷暖房のメリットとデメリットを考えてみようと思います。


【メリット】
・どの部屋でもいつでもほぼ均一の温度で快適である。
※扉を閉めている部屋は若干温度差があります(2~3℃)


・お風呂に入る時に寒くない(暑くない)ヒートショックを起こしにくい。


・快眠である(夏は涼しい。冬は寒くない。布団から出るのが苦じゃない)


・身体に優しい
※夏は熱中症にならない。夏バテになりにくい。冬は様々な疾患になりにくい(寒いと風邪ひきやすかったりいろんな病気にかかりやすい)


・エアコンを付けたり消したりする手間がない(温度設定を多少変えたりはする)


・冬は裸足、薄着で過ごせる。


・冬、外に出た瞬間、そこまで寒くない(身体の芯が冷えてない為)


【デメリット】
・電気代がかかる(高気密高断熱仕様であれば、付けたり消したりする運用との差は少ないが、それでも多少は高くなると思います)


・外に出た時、温度差にビックリする


・エアコンでの全館冷暖房の場合、エアコンの稼働時間が多くなるのでエアコンの寿命が短くなる??(憶測)


・エアコンでの全館冷暖房の場合、フィルターが汚れるのが普通より早めかな??(2週間に1回程度掃除)


・導入コストがかかる
※コストかけなくてもできなくはないですが、家を高気密高断熱仕様にしないととんでもなく電気代がかかる


・冬場、野菜等の傷みが若干早い(玄関に置いておけば若干温度が低いのでまだマシ)


・家が快適過ぎて外に出たがらなくなるかも??


こうしてみると、デメリットはお金の問題ぐらいでしょうか。
まず大前提として、高気密高断熱仕様の家でないと、電気代がかかり過ぎて全館冷暖房は厳しいと思います。
しっかりと断熱出来ていないと、冬は床が寒いと思います。
高気密高断熱仕様にするのにコストが多少かかります。
高気密にするには丁寧な仕事とノウハウが必要です。


高気密高断熱の家でも、全館冷暖房しないほうが、若干電気代は安くなると思います。
それでもおそらく月に数千円程度の差だと思うので、全館冷暖房にすることの快適性を取るメリットの方が大きいと思います。


壁も床も天井も、全てほぼ同じ温度の空間というのは、もの凄く快適です。
夏は輻射熱による放熱がないという涼しさ。
冬は輻射による熱損失がないというじんわりとした暖かさ。
これから家を建てる人は、そういう家を目指して欲しいですし、一度真冬か真夏に高気密高断熱住宅を体感して欲しいと思います(^^)

住宅ローン控除で所得税分が返ってきました

1月の半ばぐらいに住宅ローン控除のために確定申告をしました。
意外と早く受理され、所得税分が還付されて口座に振り込まれていました\(^o^)/


年収があまり多くない為、所得税分だけでは全然上限額に達さないのですが、残りは来年分の住民税が減額されるということになるのでしょう。
一見すると、給料が多くなったように錯覚してしまいそうです(^◇^)
住民税分と所得税分を足しても、上限額に達しないところが悲しい^^
稼ぎが少ないんだからもっと優遇してくれてもいいように思えるんですが(^_^.)
こういう場合、共働き夫婦でそれぞれ別々のローンを組んで、それぞれで住宅ローン控除の恩恵を受けるという策も無くはないんですが、どちらかの稼ぎがストップした際に、片方の控除が弱くなるというデメリットもありますから、どっちもどっちでしょうかね。
なんにせよ、不慣れな確定申告も無事に終えることが出来たので、これで諸々の手続きについては完了したと言えると思います。


あとはコツコツ返していくのみですね~。
まだあと34年とちょっと残ってますが(@_@;)
しっかり貯めて、繰り上げ返済もしつつ、完済目指して頑張ろうと思います。

約10ヶ月経った家の状態(後編)

我が家の現状、後編です。


【洗面台とタイル】
綺麗です。蛇口とかにはすぐ水垢汚れが付きますが、拭けば綺麗になります。
本体やタイルは綺麗です。
少し壁との継ぎ目のコーキングの部分にカビみたいなのが付いてるところがありましたが、歯ブラシでゴシゴシしてたら取れました。


【脱衣所】
床も壁も綺麗です。
湿気が多くなるところだと思いますが、カビなどもありません。


【お風呂】
浴槽はFRPですが、バスマジックリンとかで掃除するとすぐ綺麗になります。
その日のうちにスポンジでこすれば、洗剤とかいらないぐらいです。
お風呂の壁はホーロー製なので、全く汚れておりません。
床は、磁器タイルなので、湯垢汚れみたいなのが付きます。
月に1回ぐらい、洗剤付けてブラシでゴシゴシと掃除したら綺麗になります。
引き戸のレールのところがまあまあの頻度で汚れるので、その掃除はまあまあ手間です^^


【照明】
LEDのものは当然まだ切れてません。
うちは、リビングと寝室が白熱球なんですが、まだ切れてないです。
寝室のはほとんど付けることがないからだと思いますが、リビングは毎日付けてるんですが、まだ大丈夫のようです。
1年ぐらいは持ちそうですね。


【エアコン】
基本的に付ける時はしばらく付けっぱなしなので、あまり中でカビが繁殖する暇がないと思います。
フィルターは2週間に1回ぐらい、掃除機でホコリを吸い取ってます。
小屋裏のエアコンは、ほとんどホコリがフィルターに付かないです。
特にトラブルなく、綺麗に使えてると思います。


【トイレ】
タンク式の手洗い付のやつなので、ブルーレット的なものが置けます。
それがあれば便器の中は綺麗さを保っているようです。
なくなると途端にザラザラとした汚れが付着しだします。
まだ特に目立つような汚れやトラブルはないです。
ウォシュレット的な洗浄機能とか何も付いてない為、メカによるトラブルは皆無。


といった具合に、ほとんど問題なく生活できております。
工務店さんに不具合で問い合わせをしたことは一度もなく、寒さが気になる時に相談したぐらいです。
それも相談したらすぐに解決しました。


まだ一年も経ってないので、不具合が起きるとしたらまだまだこれからだとは思います。
ほんとのところは、10年、20年と住んでみないとわかりませんね。
25年過ぎた頃ぐらいからうちの実家ではあちこちガタが目立つようになってきました。
これは家そのものというより、建具だったり設備だったりするところが多いんですが。
メンテナンス性の高い、あまりトラブルの起きにくい家というのはストレスが無くて良いですね。
保証がどうこうとか、トラブル対応がどうこうとかありますが、一番いいのは何も起こらないこと。
当然、経年劣化とかありますから、一生このまま続くことはありえないんですけど、なるべくメンテナンスコストがかからず、長く使っていけるのが理想だと思います。

約10ヶ月経った家の状態(前編)

昨年の4月半ばに今の家に引っ越してから10ヶ月ほど経ちました。
なるべく綺麗に使っていきたいと思っていますが、生活しているとどうしても汚れたりいろいろしてくることと思います。
まだ1年も経っていないので、どこがどうということもないんですけど、とりあえず現状を報告しておきます。


【外観】
レンガの外壁は新築当初から変わらず美しいままです。日があまりあたらない北側も特に変わりないです。
三州瓦の屋根も、全く問題なし。
玄関ポーチのタイルは、たまに泥や砂を掃き掃除するだけで綺麗です。
ドアにも目立った外傷なし。
窓ガラスには当然、汚れが付いてます^^
これはもうちょっと暖かい季節になったら拭き掃除する予定です。


【壁紙】
今のところ紙製のクロスもビニールクロスも、縁が剥がれたりだとか、浮いてきただとかないです。
綺麗なまんま。
特に汚したりもしていないので、問題なしです。
破ってしまったり傷つけてしまったりしてもいないです。


【床】
床はカバ桜の無垢板ですが、冬の乾燥によって変に隙間があくこともなく、反りもなし。
派手にこぼしたりもしていないので、綺麗なままです。
キッチンの近くはたまに水滴が垂れてたりします。
気付いた時にはふき取るようにしてますが、軽くシミみたいになっているように見えなくもない・・・というところが何箇所かある程度。
普段掃除機かクイックルワイパーでの拭き掃除ぐらいしかしていないです。
何箇所か物を落として傷みたいになってるところもありますが、あんまり目立たないので気になりません。
無垢板はメンテナンスが・・・とかたまに聞きますけど、あんまりそうでもないような気もします。


【キッチン】
人造大理石の天板は綺麗です。
シンクのステンレスのところは、小さい傷がちらほら・・・。
これはどうしようもないかと思います。
コンロも綺麗です。
ごとくの部分に少し取りきれてない汚れが付いてたりします。
年末にセスキ炭酸水に付けたりもしたんですけど、全部は取りきれませんでした。
レンジフードは2回しか掃除してません。
ちょっと汚れてますが、掃除したら綺麗になると思います。


【畳】
畳にはラグをひいているんですが、ラグが乗っていない部分は、割と早い段階で日に焼けて変色してます。
普通に見るとそんなに変色しているようには見えませんが、ラグをはぐると一目瞭然!
これは1階も2階も同じようになっています。
い草の畳だとどうしようもないかと。
あまり気にしないようにします^^


【カーテン・ブラインド等】
特に汚れもなく綺麗です。
ブラインドには埃が少し溜まってましたが、年末に吹いて落としました。


長くなったので次回に続きます。