岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

冬の高気密高断熱住宅の温熱状況

10月はまだあったかい日があったりして、エアコンを停止する日もありました。
しかし、11月に入ってというもの、朝晩の冷え込みは完全に冬の様相を呈しており、すっかりエアコンも24時間運転中で、停止することがなくなりました。


日中、天気のいい日は、気温も20℃近くまであがる場合もあったりして、その時はほとんどエアコンは動いてません。
設定温度を20℃~22℃の範囲で調整しながらの運用です。
21.5℃ぐらいにしてると丁度いい感じです。
室温は21℃~23℃ぐらいをキープしていて、お風呂もトイレも、どこでも同じぐらいか、1~2℃低いぐらいで、とても快適に過ごしています。
末端冷え性の僕でも、靴下無しで過ごせます。
さすがに半袖短パンというわけにはいきませんが、下はスウェットの長ズボンと、上は薄めの長袖セーターで丁度いい感じです。


たぶんもっとエアコンの温度設定を上げれば、半袖短パンで過ごすことも可能かと思いますが、電気代がもったいないので、このぐらいにしています。
うさぎのはやちゃんの耳もあまり冷たくならないので、快適に過ごしてくれてるんじゃないかなと思います。


それにしても、高気密高断熱住宅の断熱性能は凄いですね。
しかも床暖房していなくても足元が冷たくなく、頭がぼーっとするような、従来のエアコンでの暖房とは違った感覚です。
壁も天井も床もほぼ同じ温度のためだと思います。


吸気口に手をかざすと、外の冷たい空気が入ってくるのがわかりますが、部屋の中のあたたかい空気と混ざってすぐ温められるため、あんまり気にはなりません。
気流の通り道にいると、若干気になる時は気になるかな?ぐらいの感じです。


2階は小屋裏のエアコン1機で充分暖まっています。
とはいえ、2階は寝る時ぐらいしかいないので、エアコンは20℃設定で、1階より少し低めの温度にしています。
これで日中はウィンターガーデンの影響もあってか天気の良い日は21℃。
日が沈むころには20℃ぐらいになって、寝る頃から朝にかけては19℃台ぐらいで落ち着いています。
(朝の外気は7℃とか、最近は5℃とかまで下がってますが、室温は変わらずキープしています)


羽毛布団1枚だけではちょっと寒いですけど、毛布と布団で寝るには心地よいぐらいの温度です。
起きた時に布団から出ても寒くないので、起きるのがそんなに億劫ではありません。
家の中が快適過ぎて、出不精になってしまいそうです^^


これから冬本番ですが、どうやら家にいる限り、あたたかく過ごせそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。