岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

クッションフロアではなくフロアタイルを使ってみての感想

多くの住宅会社では、トイレの床や洗面脱衣所の床は、クッションフロアを採用していると思います。
なかには他の部屋の床と同じように、フローリングにする場合もあると思います。
水回りでフローリングにすると、どうしてもお手入れが大変な気がしますね。
綺麗に保つためには、頻繁に掃除する必要がありそうです。
クッションフロアの良いところは、水を吸収しないので、サッと拭いてしまえば良いというところと、コストが安くすむところです。それからたくさんのデザインの中から選ぶことができます。

※小屋裏の床はコスト削減のためクッションフロアです。写真で見ると結構リアルですが、触るとフカフカしてます。


多くの住宅会社が、当たり前のようにクッションフロア前提で話を勧めてくると思います。
クッションフロアが特段良くないということではなくて、実は他にも選択肢はあります。
タイルや大理石というわけにはなかなかいかないでしょうけど^^


クッションフロアよりは値段は少し高いですが、タイルとかよりはずっと安価なもので、フロアタイルというものがあります。
フロアタイルは塩ビ素材のタイル床材です。
クッションフロアと同じように、表面に凸凹を付けて、プリントしたものです。
クッションフロアに比べると厚みがあって、硬いです。
見た目はかなり本物の木や石に近く、遠目から見ると本物に見間違えるほど。
(固定資産税の調査員が本物のフローリングに見えたためわざわざ触って確認してたほど)
クッションフロアより硬いので、傷も付きにくく、水も染み込みません。



うちはトイレの床と周囲1mぐらいの高さの壁に木の板のようなデザインのもの。


それから脱衣所の床も木の板のようなデザインのフロアタイルです。


それとキッチンの床はオレンジのテラコッタ調デザインのフロアタイルです。


もう1点、洗面台の壁、両サイドの高さ1.3mぐらいのところまでに、白いフロアタイルを貼っています。


フロアタイルは、クッションフロアに比べて硬いです。
クッションフロアは、ちょっとフカフカした感触があると思いますが、フロアタイルはそれがありません。
無垢のフローリングに比べると、暖かみはありませんが、家自体が暖かければ、スリッパを履かないと冷たいということはありません。(家が寒いと冷たいかも)
キッチンのテラコッタ調のタイルは、ペタペタとした足触りで、本物のタイルに比べると冷たくないし硬くないと思います。


良く見たり、触ると偽物とわかりますが、クッションフロアに比べると本物感が強いです。
それに1年半だとあまり差はないと思いますが、クッションフロアに比べて圧倒的にタフです。
大体10~15年を境に、クッションフロアの床は、どこかしら傷んで来てしまうと思います(うちの実家がそうです)
特にクッションフロアは、ひっかき傷に弱いですね。尖ったものがひっかかるとすぐ目立つ傷になってしまいます。
ですがフロアタイルは強いです。メンテナンス性は抜群です。


クッションフロアの安っぽさが気に入らない場合や、長い事綺麗なままで使いたい場合は、フロアタイルという選択肢もあるので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか。

急に秋が深まってきました

9月は天気が良い日が少なかったような印象です。
台風もよく来ましたし、なんだか梅雨のような日が多かったです。
最後の方なんて、30℃を超えるような日がありました。
台風の影響でしょうけど、風がぬるかったです^^


その台風が去ってから、一気に秋が加速した印象。
朝晩の気温が20℃を下回り、窓を開けてると寒いぐらいです。


そして10日を過ぎた頃から更に寒くなりました。
朝晩は10℃台前半。
朝にシャツで外に出ると寒い(^_^;)


この前まで、涼しさを求めていたのに、もう暖かさを求めてしまうような感じです。
家の中はそれでもそこまで温度が下がることはなく、23℃~24℃ぐらいで、朝の時点でも22℃ぐらいをキープしています。
まだなんとか暖房無しでも大丈夫そう。


全身が毛に覆われていて、とても暖かさそうなうさぎのはやちゃんですが、寒いのは苦手です。
暑いのよりは大丈夫みたいですけど、それでもできたら室温20℃以上には保っててあげたいです。
大きな掃出し窓がある近くなので、他の場所より多少寒いと思います(とはいっても1℃とか2℃とかでしょうけど)


季節の変わり目は、動物だけでなく、人間も体調を崩しやすいです。
高気密高断熱住宅は、温度変化が少ない為、寝冷えで風邪をひいたりはしにくいですけど、油断してるとダメなので、しっかり健康管理を怠ることなく、秋を満喫したいと思います。

1年半ビニールクロスではない柄物の輸入紙クロスに囲まれて過ごしてみた感想

うちはビニールクロスをあまり使ってません。
岡山のスーパー工務店の方針では、水回り部分やオマケの小屋裏収納以外にはビニールクロスをなるべく使わないことになっているようです。
理由はいろいろあるみたいですが、ワンランク上の上質な室内空間を演出するには、ビニールクロスではなく、紙や布などの自然素材のクロスを使った方が良いということみたいです。
ビニールクロスでも普通に暮らす分には全然問題ないでしょうし、汚れには強いと思います。
コストも全然違いますから、なかなか普通の住宅会社ではビニールクロス以外の選択肢を用意していないことが多いでしょうね。
あっても漆喰塗とか、何かを壁に塗るやり方かな。
輸入の柄物の紙クロスを勧めてくるような住宅会社は少ないと思います。


さて、うちも工務店の影響をふんだんに受け、水回りと小屋裏収納以外はほとんど紙クロス。



2階の和室のみレーヨン素材のもの。


リビング、寝室、トイレ、書庫に関しては高価な柄物輸入紙クロス。


白系のビニールクロス(漆喰も白いですね)が主流の中、柄物、色物の壁、天井で1年半暮らしてみて、どういう感じなのかを書いてみようと思います。



普通、家の壁紙を決める時、多くの方は白、もしくはそれに近いような色味を選択すると思います。
そして多くはビニールクロスを貼ると思います。
変えるとしても、一部の面だけアクセントとして色を変えたり、トイレだけ柄物にしたり、ぐらいのものだと思います。
リビングやダイニングなど、多くの時間を過ごす場所のクロスは白いビニールクロスだと思います。


しかしうちはビニールクロスはキッチンの水回りと脱衣所、それから洗濯物干し場になっているウィンターガーデンぐらいにしか採用してません。
それとコストダウンのために小屋裏収納はビニールクロスです。
他は紙製だったり、レーヨンとかいった自然素材のクロスを貼っています。
リビングや寝室、トイレなどには高価な輸入の柄物の紙クロスを貼っています。



他の天井部分や廊下の壁だったり玄関の壁などは工務店オリジナルの紙クロスです。(輸入クロスより安価です)


ビニールクロスをなるべく使わない理由としては、いろいろありますが、性能的な影響としてはそこまで大きくないのかな?と思います。
自然素材のクロスの良さは、「質感」じゃないかなと思います。
見た目が上質で、光の反射具合も、柔らかいように思います。
それから、白いものをなるべく選ばず、色物や柄物を選ぶというのは、なかなか勇気がいるというか、馴染みがないことのように思います。
白いものを選ぶ人の主張で良く聞くのが、白は邪魔をしないので、他のインテリアでコーディネイトしやすいというもの。柄物は飽きやすい気がするというもの。
これも一理あるのかなとは思いますが、なんだか面白みにも欠けるような気がします。
工務店の言い分としては、デザイン等は自然界からヒントを得るべき。
自然には美しい景色やものがたくさんあります。
様々な色にあふれていますが、モノトーンというものはほぼありません。(シマウマとかはそうですけど^^)
白とか黒というのはむしろ不自然な色で、もっと色に溢れているのが自然なんだそうです。


せっかくの注文住宅。
オシャレで落ち着く室内空間にしたいと思います。


ドラマや映画、または海外の家を映像で見ることがあります。
壁紙を検討するようになってから、背景の壁紙に目が行くようになりました。
すると、欧米の家の壁紙は、大抵白以外の色物か、なんらかの柄が付いているものが多いということに気付きました。
そしてやっぱりなんかオシャレなんですよね。
今まで白い壁紙に囲まれた家にしか住んだことがなくて、なんとなくそれが当たり前のように思ってましたが、それは日本の中だけの話であって、欧米の様なオシャレな家にしようと思ったら、壁紙も含めてインテリアを考えるべきなんだろうなと思いました。


後は好みの問題だとは思いますが、僕は結構、色物、柄物は好きです。
一方、妻はシンプルなものが好み。
ここでの好みの差はありましたが、完成見学会なんかで実際に目で柄物のクロスなどをたくさん見るうちに、柄物や色物もアリだなという考えに変化してきたみたいでした。


あれこれサンプルを取り寄せたりして悩みながら決めました。
実際に壁に貼られるまでは不安もありましたが、いざ貼られているのを目にした時、とても素敵で嬉しかったものです。


それで1年半経過しましたが、今でも良かったなと思います。
やっぱり好きなものに囲まれて過ごすというのは幸せなことで、光の反射具合とかでちょっと立体的なところとか、自然な色が目に入ってくるところとか、飽きずに過ごしています。
インテリアの邪魔には特になってないと思います。
クロス職人さんの腕がいいのもあると思いますが、端っこが剥がれたり、シワになったりしているところもなし。
汚れやすいのは汚れやすいのかな?
あまり触らないようにしているので、今のところ至って綺麗ですけど、小さい子供さんがいる場合はどうかなあ^^


写真で見ると変だなあとか、これはないなとかいう気持ちはわかります。
僕も以前はそうでした(^_^.)
でも実際に肉眼で見ると全然印象が違うんですよね。
興味がある人は、是非一度、実際に施工されている部屋を見てみて欲しいです。
それから、アクセントクロスを考えている方は、思っているより濃いめの色を選んだ方がいいと思います。
目の錯覚もあって、サンプルで見るのより、壁に貼られた時の方が、明らかに薄く感じます。
もう少し濃くすれば良かったと、軽く後悔しているブログ記事は、ほんとにたくさん目にします。
自分事になるとなかなか冒険しにくい気持ちはわかります。
うちもお風呂の壁は一面色を変えてるんですけど、明らかに薄くてあまり変化がわかりません^^
お風呂にはあまりこだわりなかったのであまり後悔もないですけどね。
時には大胆な決断も必要ですね(^.^)

9月の電気代が確定しました

使用電力量は383kWhで、9832円だったようです。


Looop電気で、1kWh=24円(税込)となっています。
プラス、再エネ賦課金が加わって、上記の金額になっています。



・24時間全館冷房は止めてます。(1Fと小屋裏の14畳用のダイキン製2台)
・冷蔵庫の他に冷凍庫を設置しています。その分の電気代が、毎月1000円程度かかってます。
・省エネ式の電気ポット(とく子さん)で、常時お湯を保温してます(85℃設定)
・リビングのダウンライトとキッチンの蛍光灯はLEDではありません。それ以外はLEDです。不要な時はなるべく消すように心がけてます。
・給湯はガスです。
・夫婦二人暮らしで共働き。日中はうさぎしかいません。帰宅後は基本的にリビングで一緒にいます。
・第三種換気なので、換気扇が24時間回ってますが、これにかかる電気代はごくわずか。
・高気密高断熱住宅なので、冷暖房にかかる電気代は少なく済みます。
・太陽光発電なし
・2階建て木造枠組壁構法(ツーバイフォー)延床面積約35坪
・エアコンは2台とも除湿運転で+1℃設定



今年は去年に比べて9月に入ってからもまだ暑い日が多く、更に気温が落ち着いてからもジメジメした日が続いたりしたので、冷房を完全に止める時期が遅れました。
その分、去年より少し高かったかもしれません。


半ばを過ぎてからは、ほぼ冷房を使うこともなく、快適な日々を過ごしています。
この季節はどんな家でも過ごしやすいかと思いますが、朝晩の冷え込みがあっても、あまり室内には影響がないのが有難いです。
9月の最終週ぐらいは、終始窓も閉めっぱなしで良いような具合です。
もうすぐ寒くなるんでしょうけど、しばらく快適な季節を満喫したいですね(^^)

エアコンの掃除をしました

夏も終わり、たくさん頑張ってくれたエアコンも、ひとまず冬まで活動休止です。
フィルターの掃除は、2~3週間に1回の頻度でしていました。
新築と同時に購入したものなので、約1年半。
フィルター以外はほぼノーメンテナンスです。
内部クリーン機能が付いているので、停止する時にはしばらく送風運転をして、内部で発生している結露を乾燥させ、カビの繁殖を抑えてくれているはずでした。


ふと、噴出口から中を覗いてみたら・・・。



(汚いので、ちょっと画像を加工しています)




黒いブツブツが・・・(-.-)
既にカビが発生している模様(@_@)
1年半ぐらいで結構カビるもんなんですね・・・。



フィルターの掃除は簡単ですが、それ以外は専門業者に頼まないと無理だと思って放置しておりましたが、ネットで調べてみると、ある程度は、やりようはあるということがわかりました。
もちろん、専門業者は高圧洗浄器とか、特殊な洗剤とか使って、しっかり周りも養生して綺麗にしてくれるので、そのレベルまでの掃除は難しいです。
ですが、手の届く範囲なら、掃除できないことはないようです。


エアコンの機種やメーカーによって、どこまで掃除できるかは違います。
うちのはどこまでできるんでしょう?
どこまで掃除できるかは、どこまで解体できるかにかかっているようです。


うちのダイキン製のエアコン。
見てみると、本体の下の方にネジが見えます。
これを外すと白いカバーが外れそう?



ネジを外し、本体上部の引っかかっているところを外しながら、全体を手前に引っ張ると・・・。



白いカバーがごっそり外れ、このように結構丸裸になりました^^
まだネジが見えますが、これ以上解体すると元に戻せなくなりそうなのでやめときます。


噴出口の風向きを変える為のパネルも、左右にたわませたら外れたので、綺麗に水洗いできます。


カバーや本体のホコリを掃除機で吸い取った後、硬く絞った布でカバーは綺麗に拭き掃除。
本体の噴出口の奥には、グルグル周る何かローラーみたいなものがあって、そこにたくさんのホコリやカビが付着しています。
これがなかなか取れない(@_@)
歯ブラシでゴシゴシすると、中からカビやホコリがポロッポロ落ちてきます。
下が汚れるので、あらかじめビニール袋なんかを敷いておくと後が楽です。
ホコリやカビを吸い込まないように、マスクをして作業したほうがいいかもしれません。


このローラーみたいなところの汚れがなかなか取れずに苦労しました。
上に向けての作業なので、手も疲れます。
うちのエアコンは、小上がりの畳エリアにあって、まだ低い位置だから、ちょっとした踏み台に乗れば比較的作業しやすかったですが、高い天井の部屋や、吹き抜けの上のほうなどに設置してある場合は、結構作業が大変そうです。


噴出口辺りのカビは比較的すぐ取れました。
しかし、きっとこの奥の方は、見えないけど結構汚れているんだろうなあ・・・。
いくら吸気口にフィルターを付けて、汚れた外気を取り込まないようにしていても、エアコンがカビやホコリだらけだと、汚れた空気を部屋中にまき散らすことになってしまいます(>_<)
2年に1回ぐらいは、専門業者さんにクリーニングを頼んだ方がいいと言います。
まあまあ費用がかかるので、できるだけお願いしたくないのが本音ですが^^
こまめに掃除してたら、クリーニングをお願いする頻度も少なく出来るかな?


小屋裏のエアコンは、噴出口から見ても、カビてる様子がなかったので、今のところ何もせず。
小屋裏は、人の出入りがほとんどないため、ホコリが溜まりにくいみたいです。
フィルターの掃除の頻度も、1階のエアコンの半分ぐらいで済んでいます。
カビてないのがなぜなのかは不明ですが、奥の方はカビてるかもなあ。
こちらはもうちょっと様子見ます。


ある程度綺麗になったので、このまましばらく休んでもらって、冬にはまた暖房でしっかり働いてもらわないといけません。
めんどくさいですけど、メンテナンスはできるだけしていきたいと思います。