岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

引き渡しでした

休日出勤の関係もあり、3月下旬の平日に引き渡しとなりました。


伸びていた残りのカーテンの設置も引き渡しの当日の早朝に付けに来てくれたみたいで、綺麗にすべて取付け終わっていました。


リビングはグレーっぽくもあり、茶色っぽくもあるような、落ち着いた雰囲気のものですが、うまく部屋にマッチしていると思います。


レールの滑り具合なんかも良い感じです。


2階の和室はプリーツシェードで、柔らかく光を通してくれる感じが素敵です。
この部屋はますます和でもあり、洋でもあるような良い雰囲気になりました(゜-゜)


2階の洋室は緑色のカーテンと、クリーム色のようなロールスクリーン

どちらも色味的にはうまくマッチしてます。
ロールスクリーンの動きも、最後のほうはじわっと巻いてくれるし良いと思います。


冷蔵庫周りの床だけ撥水性の強いワックスをサービスで塗ってくれてました。

見た目的にはほとんどわからないですが、普通のワックスよりはちょっと光沢があって、木の呼吸を妨げがちになるようです。
予備もいただきました。


さて、話は戻って、引き渡しです。


現場監督さんは度重なる激務のため、ついにダウンしてしまったらしく、残念ながら来られませんでした。
担当のSさんだけで割と静かなものでした^^


最初に岡山ガスさんからガスコンロと給湯の使い方の説明を受けました。
今のガスコンロはほんとに多機能で凄いです!
タイマーから温度調節、それに炊飯やグリルの自動調理まで。
使いこなせば料理の幅も広がりそうです。


給湯も自動でのお湯張りに温度調節、追い炊きは当たり前。
お風呂場との通話もできるそうな^^
今までお湯と水の蛇口のひねり具合でお湯の温度を微調整するようなところにしか住んだことがないので、いっきにステップアップした感じです。


一通り説明を受けると岡山ガスさんとはさようなら~(^◇^)


これまでに撮りためてた写真をDVDにおさめたものをいただき、たくさんある説明書もいただき、いろいろとこれから住むにあたっての注意点などを教えていただきました。


そして工事用の鍵から本当の鍵に交換します。
玄関ドアの鍵に本当の鍵で鍵をかけると、今までつかえていた工事用の鍵が急に使用不可となりました。
手品みたいな早業です。
それからリモコンキーの登録。
カードキーの登録などを行い、施錠と開錠をそれぞれの鍵で試して確認。
これでもう本当の鍵を持っている僕達以外は勝手に入れなくなりました。


最後に玄関口でお花をもって記念撮影!


結構淡々とした感じで引き渡し自体は終わってしまいましたが、まだちょこちょこと修正作業があったりもするため、終わった感はありませんでした^^
でもこれで本当にこの家は僕達のものになったみたいです。


引越しまではもうちょっとあるので、いまいち実感有りませんが、ひとまず引き渡されました\(^o^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。