岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

高気密高断熱住宅の音事情


今回はについて書いてみようと思います。
高気密高断熱住宅とは書きましたが、高断熱はあまり関係ないかもしれません。
差が出るのは高気密の部分ですね。


高気密住宅の特徴として、「音が静か」というものがあります。
これは外の音が聞こえにくいということと、中の音が外に漏れにくいという2点において言えます。
隙間が少ないので、当然音の出入りも少なくなるということですね。


実際に住んでみて、これはほんとだなと実感しています。
しとしとぐらいの雨では、全然気づきません。
窓閉めて中にいると、ザーザー降ってきてやっと、「しとしと」ぐらいの感じです。
テレビを付けてたりすると、尚のことわかりません。


テレビの音量を結構上げていても、外に出てみるとほとんど聴こえません。
耳をすましてみて少し聞こえるかな~?程度です。
ですから隣の家の中にはほとんど聴こえないんじゃないかなあ。


趣味のアコースティックギターをじゃかじゃか弾いててもあんまり外には聴こえないそうな。
でも妻曰く、思いっきり歌ってたら結構聴こえたらしい 笑
遅い時間や早朝はあんまり大きな声で歌ったらだめということですね。


もう一つ、気になっていたことは、「中の音は中に結構響く」ということです。
これは確かにあるかなあと実感しています。
隙間が無いので、音が中に留まってしまう・・・反射して響く・・・みたいなことだと思います。
壁紙が天然素材系だったり、床が無垢の板だったりで、多少は吸収してくれるんだと思いますが。
たまにホテルとかで感じるキンキンした変な反射音なんかはありません。
それでも多少は中の音が響く気がします。


例えば、テレビ見てるとき、ビニールをガサガサ言わしたり、紙をグシャグシャしたり、引き出しをバカバカ開け閉めしたら、テレビの会話が聞き取れないことはあったりします。
キッチンで水を出したりしてもちょっと聞こえにくかったりするかな。
これは間取り的なこともあるかもしれませんが^^


それでも以前見学させてもらった某ハウスメーカーの家で感じたような、変な響き感はないように思います。特にストレスではありません^^


小屋裏は天井も低いので、特によく響くような気がします。
歌ってて気持ちいいもんなあ~♪
調子に乗って大きな声で歌いすぎると怒られるので気を付けます^^


そういうわけで、音楽が趣味ですが、特に防音処置を施したりはしませんでした。
アコースティック楽器程度ならば、さして近所迷惑にはならなさそうです。
1階にいる時の、2階の音もあんまり気になりません。
旧宅の時は、かなり天井薄かったですけど^^
かなり改善されております。
これも吊天井にしていたりと、細かいノウハウがあるようです。
もっとも、2階に知らない人が住んでいるわけでもないんですけどね。


以上、新居の音事情でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。