岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

7月の電気代が確定しました

11094円で使用電力量は414kWhでした。
Looop電気で、1kWh=24円(税込)となっています。
プラス、再エネ賦課金が加わって、上記の金額になっています。


・24時間全館冷房です(1Fと小屋裏の14畳用のダイキン製2台を同時稼動)
・冷蔵庫の他に冷凍庫を設置しています。その分の電気代が、毎月1000円程度かかってます。
・省エネ式の電気ポット(とく子さん)で、常時お湯を保温してます(85℃設定)
・リビングのダウンライトとキッチンの蛍光灯はLEDではありません。それ以外はLEDです。不要な時はなるべく消すように心がけてます。
・給湯はガスです。
・夫婦二人暮らしで共働き。日中はうさぎしかいません。帰宅後は基本的にリビングで一緒にいます。
・第三種換気なので、換気扇が24時間回ってますが、これにかかる電気代はごくわずか。
・高気密高断熱住宅なので、冷暖房にかかる電気代は少なく済みます。
・太陽光発電なし
・2階建て木造枠組壁構法(ツーバイフォー)延床面積約35坪
・エアコンは2台とも除湿運転で+1℃設定


去年の同じ時期の電気代は10080円だったので、1000円程度高かったみたいです。
今年の夏は、去年より暑かったので、おそらくそれが原因かなと思います。


一番暑い時期は、一日400円を超えてました。
500円かかった日はありませんでした。
たまに300円代後半の日もありました。
7月末ぐらいからは300円代後半ぐらいですね。


風呂あがりも涼しいし、寝苦しいこともないです。
室温は24~26℃ぐらいで、湿度は50~60%後半ぐらいで推移しています。
建物自体が暑くなっていないというは、温度の数値だけではわからない快適さがあります。
空気だけが冷えているんじゃなくて、壁や天井や窓などの輻射熱がないというのは、なんとも心地よいものです。
涼しさの「質」が違うというかなんというか・・・。
これは高気密高断熱住宅での24時間冷房でないとなかなか味わえないと思うので、高気密高断熱住宅に住みながら、間欠運転をしている人は、是非試してみて欲しいと思います。
(24時間冷房してから数日間して、家全体が馴染んでくるとわかります)
おそらく、大きくは、電気代変わらないのではないかと思います。
あまり無責任なことは言えませんが(^o^)


快適な睡眠を得られているので、夏バテ知らず。
いくぶん、朝晩が少し涼しく感じられるようになって、猛暑のピークも過ぎたのかなと思いましたが、8月入ってからまた暑さがぶり返してきましたね。
まだまだ暑い日が続くみたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。