岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

高気密高断熱の家の住み心地 5月下旬


引っ越ししてから1ヶ月が過ぎ、日中は結構暑い日も出てきました。
毎年5月頃には、30℃ぐらいまで日中は気温が上がる日も出てきますね。
まだ梅雨前なので、カラッとしていて、夏の様な暑さとは違いますが、外にいればそれなりに暑いです。
当然、家の中も暑くなります。


うちの場合、夜は窓を閉め切って寝てます。
朝起きた時点では22℃台か23℃台ぐらいです。
外気は16℃とか、14℃ぐらいまで下がってたりします。


それで午前中は室温が24℃ぐらいまで上がったりすることもあります。
その場合は窓を開けると涼しい風が入ってきて、23℃台ぐらいになります。
とても過ごしやすい気持ちの良い空気です。


それがお昼ぐらいになると段々外気温があがってくるため、暖かい外の空気が家の中に流れ込んできてしまいます。
このまま窓を開けていたら暑くなるので、窓を閉め切ります!
ここが今までの家と大きく違うところで、閉めるとその時の室温が維持されるので、逆になかなか暑くなりません。


外気温が27℃とか28℃とかなっていても、家の中は24℃台ぐらいをキープしてます。
まだエアコン付けずになんとかなる感じです。


そして夕方になって日が沈むと、照明の影響もあったりして室温が25℃ぐらいまで上がることがあります。
そうなると窓を開けます。
すると涼しい風が入ってきて、室温も23℃台とか22℃台まで下がります。
あんまり下がると寒くなるので、22℃台ぐらいまで下がると窓を閉めます。


今のところこんな感じで、エアコンなしでなんとか快適に過ごせてます。
もうちょっと暑くなったり、梅雨に入るとさすがにエアコン発動かなあ。


凄いのが、小屋裏も全然暑くなっていないところです。
屋根を二重化して通気層をとり、断熱材で覆われているため、遮熱がしっかりなされているようです。
こういう処置をされていない小屋裏は、この時期は暑くて大変だと思います。


そんなわけで、今のところ快適です♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。