岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

高気密高断熱の高性能住宅で暮らしてみて(4月中旬~5月上旬)

ちょっとここでWEB内覧会を休止して、実際に住んでみての感想を書いてみたいと思います。


まずは高気密高断熱住宅に暮らしてみての感想です。


うちはQ値、Ua値は聞いてませんが、C値は0.29という高気密高断熱住宅です。
断熱・気密性に優れ、冬暖かく、夏は涼しい家になっているはずです^^


ただ、住み始めたのは4月の中旬から。
ちょうど過ごしやすい時期です。
おそらく、性能の低い家であっても、そんなにストレスを感じるようなことがない季節だと思います。


うちには気温と湿度に敏感なうさぎという生き物がいるので、旧宅時代から温湿度計をうさぎのケージの横に置いて、常に室温と湿度がわかるようにしています。
この温湿度計は、過ごしやすい温度と湿度の場合は、ニコニコ顔が表示されるようになっています。
環境が悪くなると、目がバッテンになったりします^^


この家で暮らし始めてから、ずーっとニコニコです。



エアコンはまだ一度も付けてません。
とにかく温度の変化が少ないです。


4月半ばで、最低でも18℃台
5月になって最高でも今のところ24℃台かな。


朝起きた頃が最低温度で、18℃台とか19℃台とかです。
4月でもまだ朝は寒い日があったりして、外気温は7℃まで下がる日もありました。
それでも18℃台までしか下がりません。
5月になってからは朝起きた時は22℃台ぐらいです。


日中もあんまり急激に上がることはなく、じわじわ上がっていって、昼前ぐらいから大体20℃台
照明とか人数の関係なのか、輻射熱の関係なのか、夜の方が室温は高くて、21~2℃台ぐらいです。
5月に入ってからは24℃台前半ぐらいまで上がる日がでてきたかなあ。


湿度は50%~60%前半ぐらいですね。
18℃台だと、ちょっと足元寒い時はありますが、暖房を付けるほどではないです。
24℃台まであがると、ちょっと暑いかな?ぐらいです。
少しの間窓を開けて風を通すと、22℃台ぐらいまで下がります。


はっきり言って、めっちゃ快適です!
これは季節的なことも大きいんでしょうけど、でも外気温7℃ぐらいの朝に18℃台までしか下がらないって凄くないですか!?


それから24時間換気です。
基本的には1Fと2Fのトイレの換気扇しか回してません。
洗濯物を干している時は2Fのウィンターガーデンの換気扇を回したり、お風呂上りにはお風呂の換気扇回したり、料理中にコンロの上の換気扇回したりはしますが。
窓を開けることなく、いつも空気が新鮮な気がします。
もちろん、窓を開けると、スーッと爽やかな風が入ってきます。
でも今のところ、日中も窓開けなくても暑くならないし、基本的に閉めっぱなしです。
むしろ夜になってから遅れてやや温度が上がってくる感じです。
そしたらちょっとの間窓を開けて調節します。


うさぎのはやちゃんも居心地がいいらしく、くつろいでくれています。

これだけ温度変化が緩やかだと、留守中や寝ている間も急激に温度が上がったり下がったりしなさそうで、はやちゃんの温度管理の心配をしなくていいのが嬉しいです。


賃貸の時は、エアコン付けてない時に暑くなったらどうしようとか、真夏にエアコン壊れて部屋が暑くなったらどうしようとか、結構心配でした。
新居ではエアコン2台あるし、たとえ切れても家自体の温度変化がゆるやかなので、そういう心配がなくなるのは嬉しい限りです。


元々閑静な住宅街な上に、高気密なお蔭でほとんど外の音も聞こえません。
中の音も外に漏れにくいし、テレビのボリュームとかあまり気にせずに過ごせるのは嬉しいです。
もの凄く贅沢な暮らしをしているような気がしてしまいます 笑
また他の観点からも住んでみての感想を書いていきたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。