岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

壁紙が貼られてました!③(2F洋室、納戸、小屋裏)

2階に上がります。
階段周りも全て貼り終ってます。


階段上がると右手側。
クローゼット 兼 納戸 兼 書庫、のような部屋があります。
ここも特に凝る必要もなかったんですが・・・。



こんなバラの壁紙が1面だけ貼られてます。
周りはちょっとラメが入ったような無地のクロスです。


このバラの壁紙も、一見普通の淡い色の柄物ですが、光を当てると金色に光ります!


これもサンプルを取り寄せてみて初めてわかった質感で、どこかで使いたいなあと思い、ちょっと贅沢ですが、納戸の壁紙となりました。
いざ貼られてみても、期待を裏切らない素敵な仕上がりです\(^o^)/


それから主寝室として使用予定の広い洋室。



ここは鳥と花のクロスです。
これも当初は色の薄いものを予定してて、比較する為に他の色のサンプルも取り寄せたんですが、いざサンプルを見てみると、この鳥の絵の素敵さに心奪われて採用することになったものです。



これも1階のLDKの木蓮の壁紙みたいに、色遣いが絵画のようで、立体感があります。
余白部分はそれほど光沢が無いので、そんなに派手ではありません。
それでも白系なので、部屋のなかは、パッと明るい印象になります。
この鳥の壁紙は、一番広い西側の1面だけで、他はちょっとグレーのような白系のエコクロスになっています。


他、ウィンターガーデンはまだ下地用の黒っぽい壁紙が貼られているだけ。
和室はまだでした。


トイレは、床と壁の下側のフロアタイルのみ施工済み。



上にはウィリアム・モリスのメドウスウィートが貼られます。
良い感じになりそうで楽しみです。
フロアタイルは、ナチュラルカラーの木の板風の物をチョイスしましたが、木の質感がとてもリアルです。遠目には本物のフローリングのように見えます。


2階の廊下から階段方向を見ると、周りの壁が、凄くピンク色に見えます^^
この日は天気が悪く、暗かったりしたのでこんな色に見えるのかも。
実際はいろんな光や、ドアの色、床の色なんかを反射して、また違った色に見えるのだと思います。



最後は小屋裏。


ここは量産クロスと呼ばれる、安価なビニールクロスです。


それでも施工面積がかなり広いため、結構な出費になりましたが(>_<)


天井と壁は無難な塗壁調の白いクロス。
光が当たると、凹凸具合で表情が変わります。


床は六角形のハニカム状の石を敷き詰めたようなクッションフロア。


最近はプリント技術も進化していて、クッションフロアでも遠目に見ると、本物さながらの質感です。


凹凸もちゃんとあって、思ったより良い仕上がりでした。
触るとフカフカしていて、偽物だとわかります 笑


全体的にもの凄く良い感じになっていて、大満足です。
我ながら良いセンスしてるなあと、妻と二人で自画自賛(^.^)


まだ貼れていないところが仕上がるのが楽しみです\(^o^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。