岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

24時間暖房をやめるタイミングに悩みます

我が家は1Fリビングと小屋裏のエアコン2台による24時間全館暖房を行っています。
12月頃から稼働し続けています。
ボチボチ日中はエアコンなしでも充分暖かい日が多くなりました。
実際、エアコンを付けていても、全く動いていなかったりします。
一度休みの日に日中のエアコンを停止させる実験をしましたが、稼動しっぱなしの時と電気代があまり変わらなかったため、稼働しっぱなしで運用しています。


そろそろ日中だけでなく、朝晩の冷え込みも和らいできたので、日中蓄えた熱だけで、なんとか朝までもつかもしれません。
そうなるとエアコンもずっとつけておく必要もないわけです。
もし朝までもたなくとも、数時間付けるだけで大丈夫かもしれません。


人間だけなら少々寝てる間に温度が下がっても問題ないんですけど、うちには温度変化に敏感なうさぎがいます。



寝てる間に部屋の温度が下がり過ぎて、うさぎのはやちゃんが寒い思いをしたらかわいそうだなあと思って、なかなかエアコンを切れずにいます。
大寒波の時に、一度エアコンの設定が上手くいかず、寒い思いをさせてしまって、体調を崩してしまったことがあるので・・・。
弱い生き物なので、具合が悪くなるとそのまま病院に行く間もなく死んでしまったりすることもあるみたいなので、なるべく温度が急に変わらないようにしてあげる必要があります。


タイマー設定だけじゃなくて、室温が○○℃以下(以上)になったらスイッチが入る機能が欲しいですね。
似たようなことを付けっぱなしだと行っているんでしょうけどね(^_^)


今度は寝るギリギリまで様子を見て、温度が下がってても下がって無くても、寝る前にエアコンを付けるようにしてみようかな。
前の実験の時は、日が暮れる18:00頃に寒くなりかけてきたのでエアコンを付けましたが、今はもうちょっとあったかくなってるので、もうちょっと遅くまで大丈夫そうです。
稼働時間が短くなれば、付けっぱなしより電気代は安く済みそうなので、実験してみよう。
うちは深夜電力割引とかなくて、いつでも電気代の単価は一定です。
冬はおそらく太陽光発電をするしないに関わらず、夜の電力消費量のほうが多そうなので、深夜割引のプランがある電力会社と契約した方が、ひょっとしたら電気代が安くなるかもしれません。
夏は逆になると思います。
次の冬は、その辺もシミュレーションして試してみようかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。