岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

床下の点検に来てくれました

ちょっと前の6月の話です。
工務店さんが床下の点検に来てくれました。
今年から、過去建てたもの全棟に対して、順次点検を行っていってるんだそうな。
根太と断熱材とかに隙間があったりしたら、断熱材を充填したり、下に下がって来てたら上げたり、トントン叩いて確認したりするみたいです。
事前に日程を調整していました。
決めていた日に大工さん2名と営業さんが来られました。


狭い点検口から入って、狭い床下を台車を使って奥に移動して点検してました。
トントン叩く時は、足のすぐ真下に振動を感じるという、不思議な体験をしました。
一番驚いていたのは、うさぎのはやちゃんでした(^_^.)
下から聞こえてくる音なんて、経験した事ないだろうから、さぞびっくりしただろうなあ。


1時間ぐらい確認して、特に問題なしということでした。
うちはまだ1年位しか経っていないので、これといって何もなかったろうと思います。


大工さんが点検している間、営業さんといろいろお話してました。
今回来て下さった営業さんは、いつもの担当の方ではない人でした。
営業もしますし、設計もされる方で、うちの家の設計をして下さった方です。


1年通して住んでみての感想だったり、住み心地だったり・・・。
今の時期の過ごし方だったり、夏場のエアコンの使い方だったり。
間取りの話だったり、床のメンテナンスの話だったり。
いろいろお話しました。
いろいろ考えながら、試しながら、時にアドバイスをいただきながら、高気密高断熱住宅の過ごし方を身に付けていってます。
話の分かる人(当たり前なんですけど^^)と、高気密高断熱住宅の話をするのは楽しいですね。
まだまだ高気密高断熱住宅に住んでいる人って、少数派だと思うので、あんまり話が通じないんですよね^^
これが近い将来に、当たり前のような話になってくれるといいんですが。
なかなか広まっていかない現状がもどかしいですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。