岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

今年も全館冷房(除湿)運用をスタートさせました

6月後半。
ここへきて気温が全体的にあがり、ジメジメ感満載の気候になってきました。
夜になっても外気温が26℃とかのまま、湿度が高い感じで、空気感がムワっとしています。


1階は日中から除湿運転を既に始めていて、24℃ぐらいで湿度60%強で、快適に過ごせてます。
2階は、閉め切っていると、27℃を超えるようになってしまい、かなりの温度差を感じます。
湿度は50%代なんですが、窓を開けると湿度が上がってしまうし、翌日以降もずっと同じような予報だったので、小屋裏のエアコンを付けて、全館冷房を開始することにしました。


最初の方は気温を下げたかったので、23℃設定の冷房で運転しました。
小屋裏は、あっという間に涼しくなりました^^
小屋裏からは、2階の各部屋にエアパスファンによって冷気が運ばれます。
すぐには冷えないので、しばらく放置。


3時間ぐらいすると、25℃後半ぐらいまで下がってきたので、除湿モードに切り替えました。
冷えすぎないように+1℃設定にしています。


寝る時には昨年寒くなってしまった経験から、寝室のエアパスファンは切って、ベッドから遠い方のドアだけを開けて寝ました。
タオルケットだけかけて寝ました。
寒くもなく、暑くもなく、快適に寝ることができました。
起きた時の室温は、25.7℃、湿度53%ぐらいでした。


電気代はおそらく1日あたり100円~150円アップぐらいかなと思っています。
1ヶ月で4000円アップぐらい?
今年はLoop電気に入っているので、毎日消費電力量をチェックすることができます。
快適に過ごして、夏バテしないようにしたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。