岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

全館冷暖房のメリット・デメリット

いつでもどこでも均一の温度で快適そのもの。
全館冷暖房は人類の夢です(^◇^)


とは言え、良い事ばかりじゃないと思います。
改めて全館冷暖房のメリットとデメリットを考えてみようと思います。


【メリット】
・どの部屋でもいつでもほぼ均一の温度で快適である。
※扉を閉めている部屋は若干温度差があります(2~3℃)


・お風呂に入る時に寒くない(暑くない)ヒートショックを起こしにくい。


・快眠である(夏は涼しい。冬は寒くない。布団から出るのが苦じゃない)


・身体に優しい
※夏は熱中症にならない。夏バテになりにくい。冬は様々な疾患になりにくい(寒いと風邪ひきやすかったりいろんな病気にかかりやすい)


・エアコンを付けたり消したりする手間がない(温度設定を多少変えたりはする)


・冬は裸足、薄着で過ごせる。


・冬、外に出た瞬間、そこまで寒くない(身体の芯が冷えてない為)


【デメリット】
・電気代がかかる(高気密高断熱仕様であれば、付けたり消したりする運用との差は少ないが、それでも多少は高くなると思います)


・外に出た時、温度差にビックリする


・エアコンでの全館冷暖房の場合、エアコンの稼働時間が多くなるのでエアコンの寿命が短くなる??(憶測)


・エアコンでの全館冷暖房の場合、フィルターが汚れるのが普通より早めかな??(2週間に1回程度掃除)


・導入コストがかかる
※コストかけなくてもできなくはないですが、家を高気密高断熱仕様にしないととんでもなく電気代がかかる


・冬場、野菜等の傷みが若干早い(玄関に置いておけば若干温度が低いのでまだマシ)


・家が快適過ぎて外に出たがらなくなるかも??


こうしてみると、デメリットはお金の問題ぐらいでしょうか。
まず大前提として、高気密高断熱仕様の家でないと、電気代がかかり過ぎて全館冷暖房は厳しいと思います。
しっかりと断熱出来ていないと、冬は床が寒いと思います。
高気密高断熱仕様にするのにコストが多少かかります。
高気密にするには丁寧な仕事とノウハウが必要です。


高気密高断熱の家でも、全館冷暖房しないほうが、若干電気代は安くなると思います。
それでもおそらく月に数千円程度の差だと思うので、全館冷暖房にすることの快適性を取るメリットの方が大きいと思います。


壁も床も天井も、全てほぼ同じ温度の空間というのは、もの凄く快適です。
夏は輻射熱による放熱がないという涼しさ。
冬は輻射による熱損失がないというじんわりとした暖かさ。
これから家を建てる人は、そういう家を目指して欲しいですし、一度真冬か真夏に高気密高断熱住宅を体感して欲しいと思います(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。