岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

家造りでの反省点⑤ ~値段をちゃんと聞く~

おおよそ仕様が決定したら、その内容で見積もりをとってもらいます。
その金額で大丈夫であれば、晴れて契約→着工、というのが通常の流れだと思います。


問題はその後で、契約後も細々した仕様変更や、仕分けによる減額だったり、金額は動きます。
途中でいろいろ決定する時に、まあそんなに大きく金額が動く案件でもないし、あんまり金額を確認せずにホイホイ決めたところもあったりします(コンセントとかスイッチとか補強とか)


途中で契約後の増額分ということで、ざっくり見積もりを頂いた時に、思ったより増えていてビックリしました(@_@)
これには先程書いたように金額をあんまり確認せずに増やしてしまったものや、最初の見積もりに含まれていると思い込んでノーマークだったものが足されてたり(小屋裏のクロスやクッションフロアなど)


まあ、なんとかなる範囲だったので良かったし、外せと言われても外したくないものばかりだったので仕方が無いんですが、あんまり心臓には良くないので、しっかり把握して確認しておいた方が良かったなあと思いました。


結果的には、発覚した時にはまだ決めてない照明関係やカーテンなどで、いくらか調整はできましたが、それでも外構予算がかなり少なくなってしまいました(>_<)


予算をカツカツで組んでたりしたらアウトだったなあ~と。
今更ローンを増額もできませんしね~。
そこは反省でした。


家造り終盤になってくると、意外と現金予算が必要になります。
ローンは建ってからじゃないと借りれないので、その前に必要なものは現金とかクレジットカードなどで払わないといけません。


引っ越し代、火災保険、家電、カーテンなどなど・・・。
常にお金の問題は付いて回ります^^
気を付けましょう~(^O^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。