岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

家造りでの反省点④ ~遠慮をしない!~

担当さんと顔を合わせる回数も増えてきて、いろいろ良くしてもらってきたりすると、ついつい遠慮して、気になることやおかしいことがあっても、スルーしてしまいそうになります。


この辺りは性格にもよるんでしょう。
僕はあんまり言えないんです・・・。
なんか、悪いなあ~って思ってしまって。
頭では言うべきことは言わないと、ということはわかってるんですけどね。


それでも言わないといけません!


いつもドキドキしながら担当さんにメールとかしてました。
でもいつも的確に安心できる回答をすぐ返してくれることが多かったです。
こっちが確認してないのが悪いのに、巾木を修正してくれたりもしました。
最後も細かいクロスの凹凸や、巾木などのキズ?みたいなのも修正してくれましたし。
言わなければそのままだったかも?笑
でも嫌な顔一つせず、直しに来てくれましたし、言って良かったなあと思いました。


言わないでモヤモヤするより、とにかく言って、思ったような返事が得られなかった時、また考えればいいんです。
それでもだいぶん遠慮してしまったこともあるかもなあ・・・。


言いたいことをどんどん言って、わからないことをガンガン聞くスタンスの方が、家造りは失敗しにくいと思います。
担当の方がどんなに優秀でも、たまに抜けたり勘違いすることはあるでしょうから。


何回もやり取りしていくうちに、ちゃんとした回答や対応をしてくれると、信頼感がましていきます。
不信感を抱くようなところには、お願いするべきではないでしょうね。
早いうちにそれがわかったなら、担当を変えてもらうなり、会社を変えるなりした方が良いと思います。


担当の方と話をしづらかったり、聞きにくかったりしたら、後々の打合せとかも楽しくないだろうし、結構重要かなあと思います。


遠慮しても後悔するだけ!
言った後悔より言わない後悔の気持ちでガンガンいきましょう(^.^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。