岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

入居前WEB内覧会⑫ 階段

1階が終わって次は階段になります。


うちには1階から2階への階段と、2階から小屋裏へと続く階段があります。
まずは1階から2階へ上がる階段から。



ウッドワンの集成階段です。

これはオークの集成材で作ったもので、見た目は集成材チックで、たくさんの木が集まっている感が出ています。
集成材とは言え、完全な無垢の材なので、無垢の床材と同様に、感触は本物の木を感じることができ、傷が付いても自然な感じの傷になります。
合板の場合、ちょっと深い傷だと下地が見えてしまってアレな感じになりますけど、そういうことがありません。


踏み板の高さは一般的な高さの20cmで、幅も特に指定していないので一般的な幅になっていると思います。
途中でグルッと折り返す形になります。


折り返すところに窓があって、東側なので午前中はもの凄く明るいです。

手摺りは内側にあって、折り返しのところには縦にしっかりあるため、もし滑ったり踏み外したりしても手すりをしっかり握っていれば大丈夫です。(すでに経験済み(^_^;)


リビングから続く木蓮の壁紙が天井まで貼ってあって広がりを感じます。


照明はコーナーに付けるタイプで、LEDです。

上下に光が壁に沿うように出るようになっています。
基本的に照明類は妻が主体で決めましたが、ここだけ僕の希望を採用してくれています。
充分明るいし、変に眩しくもなく、良い感じです。


2階から小屋裏への階段は、1つランクを落としてウッドワンのLV階段となっています。

こちらのほうが、見た目は一枚の板っぽいですが、合板となっています。
別にそれでも安っぽくはないです。
普通はこれぐらいが標準仕様で、集成階段のほうがちょっと贅沢なぐらいなのです。


同じようにグルっと回る形で、最後は天井が低くなるため、気を付けないと頭を打ちます 笑


長年使ってもギシギシ言ったりすることがないように、かなり頑丈に造り付けてくれてるそうです。
見えない部分ですが、しっかりとした施工をしてくれてて有難いです(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。