岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

ジメジメした日々が続いてます

9月に入ってめっきり秋らしくなりました。
最高気温も30℃を超える日はなくなり、最低気温も20~25℃ぐらいと、気温だけを見るととても過ごしやすいように見えます。
晴れの日はカラッとしてて、風も爽やかで、とても快適な環境です。


でもここのところ秋雨前線の影響で、ずっとぐずついた天気が続いています。
気温としては過ごしやすいんですが、湿度がもの凄く高いです。
家の中でもちょっと動いて汗ばんだりすると、なかなか汗がひかないですね。
じっとりとしてて不快指数が高いです。


夜になって窓を開けても、あまり風が入ってこないです。
入ってくる空気は冷たくて気持ちいいですが、部屋の温度もあまり下がらず、24℃代前半ぐらい。
これで湿度が80%ぐらいになったりします。
そうなると結構不快です^^


ただ、エアコンを付けるほどかと言えば、そこまででもない・・・。
それでも気持ちが悪い時は除湿モードでエアコンを付けてしまいます。
うさぎにとっても、湿度が高いのはあまりよくないみたいなので。


エアコンを付けると湿度は60%代後半ぐらいまで下がり、室温も24℃代前半ぐらいになります。
ちょっと電気代が勿体無いんですが、もうちょっとするとさすがにエアコンもいらなくなるだろうと思って使っています。


小屋裏のエアコンは完全にストップしていて、2階は窓の開け閉めだけでなんとかしています。
寝る時は、室温25℃、湿度70%オーバーで、ちょっと寝苦しいんですが、扇風機を付けると涼しいので、タイマーをしかけて扇風機で寝ています。
朝起きてもほとんど室温に変化がないので、寝起きも寒くないし、あまり暑くもありません。


1階リビングのエアコンは、寝る時には切っています。
そして朝仕事に行く時に、タイマーをセットして、昼過ぎぐらいに除湿で動かすようにしています。
なくても大丈夫そうですが念の為。
エアコン無しだと、帰った時にちょっとモアっとするみたいなので。


中途半端な時期の温湿環境の制御は結構難しいですね。
何も考えずに除湿モードで24時間エアコン回しても良いんでしょうけど、ちょっと電気が勿体無いですし、気温も下がり気味になりますので。
再熱除湿機能のあるエアコンがあれば、電気代はかかりますけど快適そうですね。


難しいと言っても、高気密高断熱住宅は、まだ制御はし易いと思います。
想定外の隙間から熱の出入りが少ないので、朝起きたら凄く寒くなっていたとかということもないので、その点はとても安心です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。