岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

高気密高断熱住宅はエアコンのいらない季節でも過ごしやすさが実感できます

5月も終わりに近づいてきました。
まだ心地よい日が多いですけど、陽射しが強烈なので、良く晴れた日の日向にいると、結構暑いと思います。
風が通る日陰にいると涼しいんですけどね。
そういうわけで、なかなか日中は外での作業は厳しい季節になってきました。
特にこの季節は紫外線が強い為、油断してると日焼けしてしまうと思います。


高気密高断熱住宅の場合、この季節はどういう風に過ごしているかというと、まだ冷房は使っていません。
基本的には窓を閉め切ってます。
朝の時点で、大体室温が21℃~22℃ぐらい。
日中もさほど上がらず、23℃ぐらいまで上昇し、夜になって照明の熱とか人の熱とかで、上がったとしても24℃ぐらいでしょうか。
昨年も驚いたんですけど、日中、外気温が23℃以上まで上がる場合、むしろ窓を閉めてしまったほうが、室内は涼しいままでいられます。


ちょっと暑い日で、朝でも23℃台ぐらいまでしか下がらなかった場合、朝のうちに窓を開けて冷たい空気を入れて室温を下げておけば、日中の温度上昇が抑えられて、夜まで涼しくいられます。
うちには暑さに非常に弱いうさぎという生き物がいるので、日中の温度上昇が冷房なしで抑えられるのは助かります。
基本的に、高気密高断熱住宅というのは、急激に温度が変わることがないため、身体にかかる負担もずいぶん和らげてくれると思います。


特にこの季節は、寝る時と朝の寒暖差が結構あったりして、寝る時は暑いから布団をあまりかけずに寝たけど、朝になって寒くなって、風邪をひいてしまうことがよくあると思います。
でも、高気密高断熱住宅は、朝になってもさほど室温が下がることがないため、寝冷えや湯冷めをすることが少ないと思います。
温度変化が少ないというのは、健康面に与える影響も大きいと思います。


今の季節は高気密高断熱住宅でなくても、比較的過ごしやすいと思います。
それでもワンランク上の快適さが高気密高断熱住宅にはあると実感しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。