岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

カーテン打合せ

工務店から紹介されたカーテン屋さんとの打ち合わせが先にありました。
個人でやられているお店で、岡山のスーパー工務店の家のカーテン施工も多くやられているので、勝手がわかってます。


あらかじめ予算をお知らせしていたので、事前にある程度当たりをつけてくれていました。
現場にもあらかじめ入ってくれて、部屋ごとに良さそうなコーディネートを考えてくれていたようです。
この辺は工務店との繋がりがあるメリットですね(^^♪


リビングから順番に決めていきました。
リビングは、まあそれなりにいいものをと思っていました。
壁紙が木蓮の壁紙ということもあり、柄物というより、あまり目立たないシンプルなものをと思ってました。
若干ムラがあるような雰囲気の生地で、緑色とブラウンのような色とで迷いました。
光が当たるとサンプルより薄目に見えたりして、現場で実物を見てみないとわかんないなあと思いました。
結局、いろんな角度や場所から見比べた結果、ブラウンのような色のものにしました。



カーテンレールは丸い飾りが端に付いた白い木のようなものをお願いしました。


小上がりの畳エリアは、バンブーブラインドという竹で作ったブラインドを提案してくれました。



あまりブラインドには良いイメージを持っていなかったんですが、竹というのはちょっと良いなと思いました。
値段的にはウッドブラインドに比べると、ずっとリーズナブルなようです。
これを小上がりの畳エリアの2つの窓にお願いしました。


2階の和室はプリーツスクリーンを提案してくれました。


柔らかく光を調節してくれそうで良い感じです。


それから2階の洋室は、小さい西側の引違い窓はロールスクリーンを。



大きめの南北の引違い窓は、普通のカーテンとレースの形式にしました。
こちらはリビングと同じ生地で緑色のものにしました。


そして、ウィンターガーデンの内窓に、ちょっとした目隠し用のカーテンを付けた方が、夜に外が見えなくて良いと提案してくれました。
ちょっと費用が上がりますが、言われてみると確かにそうなので、それもお願いすることにしました。


ということで、現場で生地やカタログやサンプルを見ながら2時間ぐらい。
いろいろとアドバイスを聞きながら、楽しく決めることができました。


後に送られてきた見積もりは、22万円ぐらい
ウィンターガーデンのを追加した分、ちょっとオーバーしましたが、おおよそ希望どおりでした。


最初は普通のカーテンだけにしようと思ってたんですが、結局ロールスクリーンプリーツシェードバンブーブラインドと、メカものを結構導入しました^^
使い勝手がどうなのか、少し不安もありますが、なかなか面白い感じに仕上がったんじゃないかと、設置されるのが楽しみです。


見積りや内容に満足したので、もう1店のほうは見積もり自体をお断りしてしまいしました^^
これで決めることもほぼ完了です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。