岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

10月の電気代が確定しました

使用電力量は239kWhで、6531円だったようです。



Looop電気で、1kWh=24円(税込)となっています。
プラス、再エネ賦課金が加わって、上記の金額になっています。



・24時間全館冷房は止めてます。(1Fと小屋裏の14畳用のダイキン製2台)
・冷蔵庫の他に冷凍庫を設置しています。その分の電気代が、毎月1000円程度かかってます。
・省エネ式の電気ポット(とく子さん)で、常時お湯を保温してます(85℃設定)
・リビングのダウンライトとキッチンの蛍光灯はLEDではありません。それ以外はLEDです。不要な時はなるべく消すように心がけてます。
・給湯はガスです。
・夫婦二人暮らしで共働き。日中はうさぎしかいません。帰宅後は基本的にリビングで一緒にいます。
・第三種換気なので、換気扇が24時間回ってますが、これにかかる電気代はごくわずか。
・高気密高断熱住宅なので、冷暖房にかかる電気代は少なく済みます。
・太陽光発電なし
・2階建て木造枠組壁構法(ツーバイフォー)延床面積約35坪



先月に比べて3300円ほど安かったです。


今月はエアコンを使った日は1日も無かったと思います。
おそらく最も電気代が安くなる月だったと思います。
これ以上安くしようとすると、頑張って節電しないと難しそうです。


さて、10月はなんとか無暖房で過ごせそうなんですが、ボチボチ寒気がやってきたりするようです。
最低気温が10℃を下回るような日が出てきたり、最高気温も20℃に届かない日も出て来てます。
それでもなんとかまだ室温は20℃~21℃をキープ。
朝になっても19℃台ぐらいで踏みとどまっています。


しかし、11月に入ってからは、エアコンによる全館暖房が始まりそうです。
冷房は冷えた空気が下に溜まり易いので、1階だけエアコンを付けるという運用も効果的でした。
でも暖房は、暖めた空気がどんどん上に登っていってしまうため、1階だけエアコンを付けても効果が低いです。
そのため、いっそのこと、小屋裏のエアコンも付けて、全館暖房にしてしまおうと思います。
2階を1階より高めか同じ温度にしないと、気流が発生して寒く感じてしまうというのを昨年学習しました^^
また電気代があがってしまうでしょうけど、寒さが本格化しない間はそこまででもないかと思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。