岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

日射熱の偉大さ

寒い日が続いてますね~。
家の中はエアコンでしっかり暖房されて暖かいんですが、外が寒くなればなるほど、暖める為に必要な電気代が高くなってしまいます。
いくら高気密高断熱住宅とは言え、この仕組みからは逃れられません^^


しかし、単純に気温だけではなく、太陽が出ていたかどうかによって、日中の家の中の暖まり具合が違います。
外の空気は冷たいんですけど、太陽の光が当たると結構暖かいですよね。
冬は南中高度が低いため、南向きの掃出し窓からサンサンと太陽の光が降り注ぎます。
それを存分に取り込むことにより、家の中はぽっかぽかと、エアコンの暖気に頼らずとも温度があがります。
天気の良い日の午後は、ほんとにポカポカと春の日の陽気みたいです。


更に2階には、日射熱を少しでも蓄熱しておけるように、床がタイルになっているウィンターガーデンという空間があります。
そこも含めて、南側に窓がある部屋の天気が良い日の昼は、かなり暖かくなります。
エアコンはほとんど動いていないような状態になって、電気代の節約になっていると思います。


冬でも積極的に日射熱を取込んで、効率よく部屋を暖めたいですね。
なんせ、日射熱はタダですから(^.^)
この辺りは、南側リビングの強みです。
夏場は南中高度が高いため、あまり直射日光は部屋の中まで入ってきませんでした。
屋根に軒が無かったらもうちょっと入ってくるのかもしれませんけどね。
コストの関係から、1階の窓には庇を付けませんでしたが、思ったより夏に日が入って来なくて良かったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。