岡山のスーパー工務店で建てる高気密・高断熱の家づくり

妻と僕とうさぎで暮らす、岡山での高気密・高断熱の注文住宅をスーパー工務店で建てるまでの記録的ブログです。

窓の開け閉めについて

高気密高断熱住宅は、基本的に全館冷暖房なので、窓を開け閉めする必要性はなく、吸気口にはフィルターが付いているので、外気の空気をそのまま取り込むより、フィルターを通して取込んだ方が、綺麗な空気を取込めるため、健康的に良いという考え方があります。


そのため、一条工務店なんかは、網戸は標準ではなく、オプションになってたりするようです。
確かにそうではあるんですけど、今のような気持ちの良い気候の場合は、窓を開けて涼しい風を取込みたいと思うのが人情というものです。


全館空調による温湿管理は、確かに快適ではあるんですけど、夏を過ごしてみて、空調によってコントロールされた室内空間と、自然の風を取り入れてちょうどよい温湿状態にある室内空間とでは、後者の方がわずかに快適なような気がします。


そのため、外のほうが涼しく、室温がちょっと高いなと感じる時は、窓を開けるわけですが、結構な数の窓があるため、開け閉めするのもそれなりに手間なわけです。


うちは、窓はYKKAP製なんですが、最近の引き違い窓は、大きい掃出し窓タイプのものを除き、真ん中に引っ掛けるタイプの内鍵は付いておらず、窓を閉めるとそのまま自動的にロックがかかるようになっています。
開ける時は、左右の窓の枠のところの取っ手部分に手を掛けて引くだけでロックが外れながら開けることができます。



これが非常に楽です(^_^)
いちいち真ん中の鍵をかけるのって、めんどうなんですよね。

真ん中の鍵ってこういうやつ

縦滑り出し窓は、網戸を上げてから閉めないといけなくて、開ける時は逆に窓を開けてから網戸を降ろさないといけません。


更にこれにシェードやカーテンなんかが付いてたら、もう1アクション必要になり、ちょっと面倒だったりするかもしれません。
それでも縦滑り出し窓はよく風を拾って室内に取込んでくれます。


窓の開け閉めを結構するのであれば、そのことも考えて、窓の種類や大きさを決めたほうが良いかと思います。
あとは開け閉めしやすい場所にあるかどうか(手前に物を置いて届きにくくなったりしないか)なんかも考えておいた方がいいかと思います。


それにしても、今の時期、窓から入ってくる涼しい風、ほんとに気持ちがいいです(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。